お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7302-5831

再診・その他のお問い合わせ

047-351-2288

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

テスト用(タイトル不明)|千葉県浦安市堀江にある森デンタルクリニック

森デンタルクリニック
森デンタルクリニックへのお問い合わせ:047-351-2288

テスト用(タイトル不明)

主に補綴治療が必要な場合

補綴とは、差し歯や入れ歯、インプラントなどによって
失われた部分を補う治療法のことです。

治療の進め方

①歯周基本治療(イニシャルプレパレーション)

②症状に合わせた治療法の選択(適切な試料採取による診査、診断)

③一次診断

④最終診断

⑤最終補綴

⑥経過観察

⑦再評価

1.歯周基本治療(イニシャルプレパレーション)とは

歯周疾患がある場合、症状の悪化した部分のみを治せばいいというものではななく、口内全体の歯茎や噛み合わせの状態を考慮しなければなりません。そのため、主となる患部の治療をする前に、口内全体のプラークコントロール、歯周ポケット内の清掃、う蝕や歯髄炎の処置、感染した根管の消毒、詰め物や義歯の調整、必要のある場合の抜歯などを行い、後に続く治療や治療後のメインテナンスをやりやすく効果的に進められるように、準備することが必要です。そのような準備のための初期治療はすべて、イニシャルプレパレーションと呼ばれます。

患者の治療への積極的な参加

歯周治療には患者の行う日々のプラークコントロール(セルフケア)が重要であるため、患者が積極的に参加できる環境を作り、適切な口腔衛生指導を行う。そのため、歯科医師および歯科衛生士は、歯周病が細菌感染症であること、歯周病と全身疾患の関連性などを患者に十分に説明し歯周病の予防と治療の重要性を認識させることが大切である。

プラークコントロールの確立

歯周病の流れの基本は、すべての治療ステージでプラークコントロールが持続的にできているかどうかにかかっている。プラークコントロールは患者自身が行うセルフケアと歯科医療従事者が行うプロフェッショナルケアとに大別される。この最も基本的なプラークコントロールが確立されなければ、その後の治療効果は十分得られない。

プラークリテンションファクターの除去

細菌性プラークが蓄積しやすく、取り除きにくい原因となるプラークリテンションファクターを除去し、口腔衛生管理が容易に改善することが大切である。

咀嚼機能の回復

歯周組織に咬合性外傷を引き起こし、歯周炎を増悪させる外傷性因子を除去する必要がある。病因の除去後も歯周炎による歯周組織破壊の結果として、歯の動揺が著しい場合には、暫間固定を行い、必要に応じて歯周治療用装置(矯正治療)を装着し、咬合の安定と咀嚼機能の回復をはかることが重要である。

対症療法を慎む

歯周病の病因の除去を的確に行わず、歯肉の炎症や、歯肉膿瘍、歯周膿  瘍に対して単に抗菌薬や抗炎症薬を投与したり、腫脹した部位の切開排膿させたり、動揺歯を固定するだけの治療は適切ではない。このような治療法は『対症療法』とよばれ、歯周病の原因である細菌性プラークを根本的に取り除くことにはならない。対症療法により一時的に細菌性プラークが減少して治癒したように見えても、短期間のうちに細菌性プラークが増加し再発するため、原因除去を原則として歯周治療を進める必要がある。

診療予約・お問合せはこちらから

初診の方はこちら050-7302-5831

再診予約・その他047-351-2288

診療時間
09:30~13:00
14:30~20:00

※○:月曜・木曜は18:00まで △:土曜は17:00まで
※■:休診日。ただしその週に祝日等がある場合には通常通り診療します。

CONTACTお問合せフォーム

PAGE TOP